スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロモンの伝書鳩-キャラ設定④

クルッポー

19日付けで22歳になりました。成人式からもう2年経ったとは…_(:3」∠)_
今年はなんと誕生日プレゼントに友人からフェネクスさんの印章バッジを頂きました。有り難う御座います!
印章のデザインは元々あるものを拝借しているのですが、円形をしている辺りバッジに向いた形ですし、全種類あると面白そうですね(笑)
缶バッジメーカーを使うと簡単に作ることが出来るらしいので、自分もこういうものを作ってみたいなぁ。




 

【フェヒター】
その異形の容姿から「猫面の男」と呼称されている人物で、5年前にフレイアとフェネクスを契約させた張本人。
魔神と人間を契約させる禁忌的な術を持ち、彼女以外にも多くのソロモンを生み出しているとされるが、その目的や彼の存在が何なのかは一切明らかになっていない。
また、ある種の魔力を持つ人間にしかその猫面の容姿を見ることは出来ないらしく、一般人からは普通の人間と変わらない容姿に映る。

口調は非常に丁寧で、礼節を持って相手に接するが、その紳士的な態度とは裏腹に手段を選ばない残酷性も持ち合わせている。
戦闘時にはレイピアを使用し、その腕はかなりのもの。現在は消息を絶っており、フレイアとユングが行方を追っている。



長靴を履いてない猫。
純粋な敵役のキャラです。キャラクターシートでのネタバレは極力控えておきたいので、必要最低限の記述に抑えてます。

さて、次回の更新時からは久しぶりに漫画を描くか、またはBioethicsのキャラクターシートに移ろうかなと考えています。獣人容姿のキャラシも含めるとちょっと二週間以上更新ペースが開いてしまいそうですが、その分細かい所まで描写していきたい所です。

■続きは拍手返信

スポンサーサイト

ソロモンの伝書鳩-キャラ設定③

花粉症でクシャミが止まらない酷さです。バナナとかヨーグルトmgmgしていますが、これって効果あるかなぁ…。
一ヶ月程前に眼鏡を変えたのですが、流行のPC眼鏡にしてみました。仕事柄、視界に強い色が入っていると業務に支障が出てしまうため、眼鏡市場のレンズを使用しています。
肝心な効果ですが、PC用のレンズに交換してからは目薬が不要になりました。12時間ぶっ続けで作業してもあまり疲れが出ないように感じます。もちろん個人差があるとは思いますが、これは良い買い物でした。もうPC作業も怖くない( •̀ .̫ •́ )

その後健康診断で視力が裸眼で1.2と言われたので私のこの10年に及ぶ眼鏡生活は一体…_(:3」∠)_





【ユング・ピジョンブラッド】
主人公の一人で、フレイアの弟。フレイアと並んでいるとしばしば兄妹と勘違いされるが、姉弟関係にある。
自分をかばってソロモンになってしまったフレイアを護るために武術に打ち込み、彼女と共にフェネクスとの契約を解除する方法を探している。
戦闘時にはハルバードを扱うが、これに特殊な護符が刻まれていて、降りかかる魔術の効力を無効化することが出来る。そのため、例え魔神を相手にする時でも、純粋に物理的な戦闘に持ち込むことを可能としている。
非常に無愛想で口調も淡泊だが、冷厳な訳ではなく、敵意の無い相手には何かと気遣う姿勢を見せる。
しかし、姉や友人を傷付けられたりすると感情を剥き出しにすることがあり、外見とは裏腹に血が上り易い性格。
顔に似合わず極度の甘党で、幼馴染のサラから良く小言をぶつけられている。



主人公二人目です。ここぞとばかりに中二病要素を盛り込んでみました(
Bioethicsには登場しなかった性格のキャラクターですので、色々と試していけたらなぁと。

ソロモンの伝書鳩-キャラ設定②

暦では春が近付いてきているので、冬派の私は寒さが恋しいです。暑さで毛布がモフモフ出来なくなる季節とか解せぬ。
更新頻度についてですが、2週間に一度の更新になりそうです。キャラシばっかり量産ですが、3月末ぐらいからBioethicsのキャラクターもリメイクしていけたらなぁと。

それと最近になって進撃の巨人を読んだのですが、なにこれすごくおもしろい。
とても面白い作品だったので、○年振りに新刊で漫画を購入しました。巨人になってミカサぺろぺろしたい。アニメも楽しみですね。






【フレイア・ピジョンブラッド】
本作の主人公の一人。ユングの双子の姉。
五年前、魔神フェネクスとの契約により不老不死の権能を与えられた為に成長が止まっており、元来年下であるユングの方が兄に見える。
魔神と契約した、いわゆる「ソロモン」と呼ばれる存在で、胸部には契約したことを示す印章がある。フェネクスが与えた権能が不老不死であるため、フレイア自身は老いることもなく、普通の攻撃を受けても死ぬことはないが、身体的な痛みは感じる。
外見は14歳だが、実際の年齢は19歳。その身体の不死性から、呼吸や睡眠、食事も必要としないが、それらの行為自体は可能。ただし食事に関しては味は感じても食べた後に戻してしまうため、フレイア自身は摂食を拒んでいる。
自身と契約したフェネクスに複雑な感情を抱いており、彼に魂を喰い尽くされないためにも好意を跳ね除けている。
性格は柔和で人当りが良く、弟であるユングに対してはしばしば世話を焼いている。
戦闘時は父親の形見として受け取った剣を主に扱う。体格に合わない剣のため、全体的に荒削りではあるが、筋は良い。権能を望む事による魂の侵蝕を避けるため、余程のことが無い限りは無茶な戦法は使わず、致命傷を受けないようにしている。
自分を魔神と契約させた「猫面の男」の行方を追うと共に、フェネクスとの契約を解く方法を探している。


 

【フェネクス】
太古にソロモン王の手によって封じ込められた魔神の一柱で、「生命」の概念を司る存在。
本来の姿は炎に包まれた紅蓮の怪鳥とされているが、フレイアと契約した現在は赤と黒の羽毛を持つハトの姿となっており、普段はフレイアの胸に刻まれている印章の中に潜んでいる。
自身と契約したフレイアに捩れた愛を差し向けており、彼女の肉体を元に魔神としての自身の姿を覚醒させようとしている。
魔神の中でも戦いを好まない性質を持ち、常に中立的な立場を取るという、どこか優柔不断な一面も持ち合わせる。
契約者であるソロモンに対して不老不死の肉体を与える他、その血液は絶大な治癒機能を秘めている。だが、この血は伝承に伝わるように不老不死を与える代物ではなく、致命傷や重篤な病を治癒する段階に留まる。
また、植物を急激に生長させたり、生物体を望む形に創り変える事も出来る。更に無から新たなる生命を生み出す事も可能としているが、魂を創る力は有していないため、フェネクスの権能で生み出された生命はすぐに朽ち果てていく。



ひとつ遅れで主人公です。少しだけデザイン変更いたしました。
剣ってモチーフは好きなんですが、デザイン次第で古臭くなっちゃいそうで難しいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。