ソロモンの伝書鳩-イラスト③


懲りずにモノクロ漫画。ベタまではアナログで。
兄からコミスタ貰ったものの、使い方にクセがあって結局手をつけてません「(:3 」┌)┘

フェネクスは普段は印章の中に潜んでいますが、気が向いた時に出てきたりもします。服というバリケードが無ければ。
ちなみに印章の中にいる時以外はテレパシーのようなもので会話をすることは出来ず、両者とも口に出した言葉以外は聞き取れません。フェネクスの声に関しては、ソロモンや魔神以外にはクルッポーにしか聞こえない。
フェネクス自体は言うまでも無く片思いなんですが、フレイアもこっちに気があるものと信じて疑わない粘着質。
そもそもソロモンというのは契約した時点で肉体的にも精神的にも生殖に関する機能を失ってしまうため、異性愛というものは持ち得ることが出来ないという設定。

思えば姉弟で会話してる姿がほぼ皆無というのもアレなのでそろそろそういうシーンも描かないとだな…



4月も終わりに近付いて暑い! 夏がくるぞ、逃げろぉ!三└(┐Lε:)┘
GWに突入ですが今回は帰省の予定も無く、近所でお買い物やら衣替えするぐらいの気持ちでいます。
妙な仕事が入らなければ、連休を利用してBioethicsのキャラクターシートを作ろうかなと。連休じゃないと冗談でもなく一ヶ月かかる…!

ソロモンの伝書鳩-イラスト②

ウオオオオk

アスモデウスによる騒動の巻。
原稿に使ったトーンが余っていたのでアナログモノクロ漫画。一コマ目だけ足りなかったのでデジタル処理してます。絵柄の改善の余地が…

ユングは魔神の権能を無効化出来ますが、フレイアは不死身とはいえ相手の権能を直に受けるので、魔神との戦闘時はあまり活躍できないキャラです(
サラに従属されてからのアスモデウスがどんな酷い扱いされているかは近いうちにネームでも描こうかなと。

魔神同士は個々で価値観や性格、目的も異なるので、互いに仲間意識を持っている訳ではありません。
世界観設定でも記述していますが、魔神は元来一つの真理から強制的に切り離された存在のため、元に戻ろうとする潜在意識を持ち合わせています。
その本質から「共食い」をする魔神も多く、現に他の魔神を喰って力を得た者も少なからず存在します。
ソロモンは人の姿をしつつ、魔神の権能も有しているため、現世に肉体を具現化した魔神にとっては喰らい易い存在。これらの性質から、魔神同士で出会った場合は穏便に事が進む場合は殆どありません。



Twitterでつぶやいていたのですが、少し前に世界観の設定の方もBioethicsも含めて更新しました。
Bioethicsは獣人設定だけを別項に分けた方が良いかなーという所。記事自体も長いので少し整理したいですね。

Bioethics-イラスト①


久しぶりに創作関連の夢を見たので、Bioethicsのワンシーン漫画です。キャラシと順番逆だけど描きたいものから!
こういうあからさまなザコっぽい獣人描くの楽しいですね。

獣人化がある種のホルモンで誘発されるというのは小説本編でもチラッと語っていますが、この漫画でいう薬はそのホルモン剤のことです。
獣人化を抑制するものと、逆に強制的に獣人化させるものの二種類があり、どちらも獣人にしか効果を見せないホルモンなので、獣人か人間か区別がつかない者に検査的に使用されることもあります。
上記の漫画のように、エピペンなどで厄介な相手に注射してしまえば獣人化を抑えることが出来るため、用途に応じて戦闘の場面でも使用されているブツ。
詳細は世界観の方に後ほど追加しようと考えております。



兄がWiiを持ち込んできたので、数年ぶりにFE暁の女神をプレイ(四周目)し始めたのですが、先週になってWiiがディスクを排出してくれない故障っぷりになったのでアへ顔Wピースしています✌(́◓q◔`)✌
ここ最近は湿気が酷いため、そのせいかなという所。除湿剤設置したり換気したりして対策していますが、これでは梅雨時季の破壊力が凄まじそうだ…

Wiiが直ったらまた再開するとは思いますが、FE暁の女神は前作の蒼炎を含めて自分の創作に多大な影響を与えた作品のひとつなので、久しぶりにプレイしたら燃え要素多過ぎてバサーク状態!
獣化とか人間と異種族の戦いが好きな人にはひたすらプッシュ。