その他イラスト①

ヒロイン頂上血戦

うちのヒロイン掻き集めてみたらこういう展開しか思い付かなくて修羅場。藍川さんが入る隙間なし。
フレイアとニゲルは険悪な関係を築きそうな。だけどニゲルは女の子版ユングといった性格の持ち主で、好きな人のためであれば疑いの余地なく黙って付き従うタイプ。ちょっとずれるとヤンデレまっしぐらなキャラクターですが。

フルボッコk
そしてフレイアさん開幕死。心臓を刺される、または首を刎ねられると意識が飛んで失神します。心臓を突き刺したままにしておけば半永久的に動けなくなってしまうため、基本的に物理的な攻撃には弱い。
ニゲルは大剣を投げて攻撃するのもアリなので、このあと飛んで逃げた藍川も詰みました。

好きな人への反応k
好きな人から告白された時の反応。フレイアは設定のとおり、生殖に関わる機能が失われているため、恋愛感情として受け取ることが出来ず、素直に友情や家族愛に近いものとして受け取ってしまうのかなと。ニゲルは直球な言葉を貰っても裏表無く冷静に返します。藍川はビチュル語を話し出す。

Bioethics-イラスト⑭

あの子がケモいからk

今流行りのあのネタで。藍川さんストーリー開始時点で人間やめさせられてるし彼氏もいない。
人外な彼女と付き合いたい同盟。

以下落書き

ツバメラフ
机の下を整理してたら出て来た藍川獣人化Verのラフ。尾羽描いてないのでお尻見放題です(

だっこk
抱っこ藍川。過去に受けた人体実験のせいでベッドに横になる行為がトラウマになっているため、普段は座ったままかソファに軽く横になる形で寝ます。

傾き立花
櫻井。レースゲームとかしたら必ず身体ごと傾きそうなキャラ。
かといって運動神経が鈍いとかそういう訳でなはく、極端に言えば人間サイズのオオトカゲなので、軽いパンチで成人男性も骨折する程の筋力を発揮します。ぶっちゃけ無闇に使えないようなパワー。

By8b6nLCAAA6-T7.jpg
出し損ねていたので追記で。ビビリ。
保護された後も定期的に健康診断のようなものを受けている訳ですが、被験者時代の感覚からどうしても警戒する。

デフォルメ織原
デフォルメ織原さん。獣人化手術の成功率は極めて低い。しかも手術はハード。軽い気持ちで獣人になるものではないのだ。

あずま
部分獣人化の吾妻。上の織原もそうですが、うちのキャラはハーフな獣人化から始まって、本気出す時に全身獣人化というパターンであってほしいなと。普通の街中で戦闘なんてことがザラなので人目につかないような感じで。

ちょっと遅くなりましたが帰省中に描いたラフ漫画も。全9p。藍川が保護されてすぐの頃のお話。

http://haugh.blog.fc2.com/img/20140925Tz5DvuAs

普通にベッドで横になってますが、かなり強い獣人化抑制剤を打たれているためです(ここで保護される直前に多量の投薬で無理矢理獣人化させられたことから)。
これから少しずつ他の仲間と馴染んでいくことになります。

ソロモンの伝書鳩-イラスト⑯

しょたゆんぐk

5年前のユングさん。自分でデザインしておきながら難ですが前髪部分が取り外し出来そう。
物語の発端となるフレイアの契約以前は読書家で気弱。姉が活発な分、彼はどちらかといえば運動系も苦手でした。
ユングの変わり様はフレイアにとっても重圧になっているのではないかなと。

以下落書きンヌ

不死鳥TFk
魔神化中のフレイア。グロというかなんというか取り合えず注意。
だいぶ前の記事でも書いたように、ソロモンが魔神化する際は肉塊状の卵を形成します。ここまで来るとフレイア自身の自我は失われているものの、ユングの存在だけは「何よりも大切なヒト」として刷り込まれているため、この状態で延々と彼のことだけを回想し続けています。

んぎゃーーーk
ついにちっちゃくなくなった魔王様。恐らく前は着てない。
色欲や愛情の概念が元なので、本質的にはサラとチョメチョメしたいとか思っている。だけど従属されているから無理。

ゲンコ
下書き。サラの顔が安定しなさ過ぎて吐く。

めがねくす
メガネの日だったから…うん。

BzeJbZnCAAEky0b.jpg
全日本お家帰りたい協会_(:3」∠)_

それと帰省中に描いたラフ漫画をこちらに置いておきます。全8p。見事な描き忘れが色々と…oh…

http://haugh.blog.fc2.com/img/20140925FpamhXPN

フレイアとサラのだらだら会話シーン。この時はサラがアスモデウスを従属していることを周囲は知りません。
ちなみに彼女は侵蝕されている訳ではなく、魔王クラスの魔神を体内に取り込んだことで肉体にガタが来ている状態。肉体を保つのは精神によって左右されるため、僅かな動揺で魔力を抑えきれなくなってしまいます。そうした強力な魔力の放出が怪我として肉体に生じていきます。
蛇足ですが、契約と従属の違いは極端に言えば魔神に喰われるか、逆に魔神を喰うかの違いです。最終的な肉体の主導権は喰った側に依存します。