スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁の魔術師-イラスト⑭

a_025_k.jpg

列車内で見知らぬおっさんとサラに居眠りサンドイッチされるアザリアさん。
サラが人前で眠れるようになるのはアザリアと出会ってからで、それまでは諸々の事情でひっそりと野宿してたんじゃないかなーと。アスモさんとの関係で寝言が色々と凄そう。

気付いたら5月も中旬に。GW中は実家に急遽帰省して阿蘇の山をハイキングしたり、関東に戻ってからはコミティアの方にこっそりお邪魔させて頂きました。いずれも充実したお休みでとても楽しかったです。おかげで反動が大きいというか5月病末期になりつつありますが、またゆっくりとTwitterの方で本編の続きも更新していきたいなと思います。
折角なので、帰省時に撮った写真をどばーっと追記記事にまとめてみました。草原系の風景大好きな方にはなかなか美味しい景色だと思いますので、機会がありましたら是非ともいらしてください。


以下ちょっとだけ落書き。

a_024_k.jpg
出張なんでも鑑○団inレヴェリア

a_026_k.jpg
十代サラさん。誰かを救いたくて手を差し伸べてもアスモデウスが嫉妬で殺してしまう最高のジレンマ。

a_027.jpg
まさにこんな気持ちになってしまうサラさんでした。

追記に阿蘇(俵山etc)の写真を掲載させて頂きました。それにしても追記使うのって数年振りかもしれないですね、うわあ。

108.jpg 110.jpg 102.jpg 109.jpg 107.jpg 111.jpg 112.jpg 121.jpg
震災で道が崩落した事によって元旦はまだ通行止めになっておりましたが、ようやく進めるようになったので嬉しいです。
背の高い樹木がほぼ無いのでスラ○ムでも現れそうな景色でした。その代わり日差しが直撃してしまうので、真夏は流石に登れなさそうです。しかし似たような景色ばかり撮ってしまったのでやや味気にかけてしまうかもしれないですね;

129.jpg 136.jpg 148.jpg 150.jpg 138.jpg 142.jpg 143.jpg 148.jpg
なかなかの急斜面で地味に負担が大きいという…。ウワサによるとここのコースは登山初心者にとって丁度良いトレーニングになるそうです。ちょっと写真では視認出来ないのですが、遠方の山間にウシの群れが放牧されてます。

157.jpg 162.jpg 158.jpg
何やら鉄柵による仕切りが見えて進めなくなったので、ここがこのコースの一番上になるようです(俵山自体の山頂はもっと上)。
上に進むほど樹林が増えてきました。ところどころ岩が浮き上がったり土肌が見えていたりするところも散見され、どうも全て地震の影響のようです。かなりの大岩が動いているのでその力がどれほどだったか、考えれば考えるほど恐ろしいですね…
時間的には往復2時間ほどだったと思います。丁度良い運動ですね。

186.jpg 187.jpg
自宅に戻ってあちこち散歩してみるとキジが飛び出してきました。上京する以前は毎日のようにこのコースを散歩していたのですが、キジを頻繁に見かけるようになったのは震災があってからだったように思います。単に運が無かったのか何かナワバリに異変があったのか…

173.jpg 174.jpg
さらに道路に出ていたカナヘビさんを思わず捕まえてしまい…野生生物にとって凄いストレスになること分かっていてもやってしまうのが我ながら残酷です;
確実に死を覚悟してる顔で目を閉じてしまっていたものの、シャッター音に驚いたらしくお目目ぱちーんに(写真右)。この後すぐに森林に逃がしました。

195.jpg
翌日再び阿蘇観光。月廻り公園にゴーカートがあるぞ!と思って行ってきましたが、意外と良いお値段な上にGWパワーで沢山の方が並んでいたので断念。更に天気にもあまり恵まれなかったので景色がどんより…こればかりは自然なので仕方が無いですね。
197.jpg
天気はともかくこの月廻り公園には子ヤギちゃんがいたので大変眼福でした。わたしはきゃべつになりたい。

199.jpg 207.jpg 212.jpg
最後は白川水源に。水が綺麗。むっちゃ綺麗。驚きの透明度100%
お餅がめちゃくちゃ美味しそうだったのですがお昼入らなくなりそうだったので断念、次こそは…

と、今回の帰省時の写真を一部抜粋して掲載させて頂きました。ブログはこうやって纏めて上げられるので便利ですね。
次回また色々撮った時にはこの場を利用して載せていければなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。