近況①


暁の魔術師1話の追加ページ。6pも追加しなくてはならない状態に陥っているので、修正作業はかなり難航気味です。とほほ。
ひとまず1、2、3、0話までの修正を最優先で行いまして、それらの話をまとめて単行本一巻を作りたいなあと(ついでに電子書籍版も検討しています)。冊子・電子版問わず口絵やショートストーリーなどのオマケ要素を加える予定です。

と、修正に全て時間を費やしているために落書きが全く無い状態で申し訳なく…
代わりに? 本日ずっと行きたかった掛川花鳥園に行きましたので、続きに写真をモリモリと掲載しておきます。
それにしても前回といいかなりフクロウ充してますね…! 他の鳥や動物ももちろん好きなんですが、モフモフの魅力は無限大…

083.jpg 090.jpg 094.jpg
ヘビクイさん。他の動物園と違って柵が一切無い状態のフリーダムっぷり。力強い美脚がなんとも眩しいです。
来園時したのが丁度10時半を過ぎた頃だったので、ワシミミさんのバードショーが終了した瞬間というちょっぴり残念な状態でしたが、生ヘビクイさんが拝めただけで大満足でした。

100.jpg 102.jpg 171.jpg 181.jpg 182.jpg 266.jpg
鳥モチシリーズ(
それぞれのお名前を出すと物凄く長くなってしまうので割愛しますが、あちこちでモッフリな鳥モチを拝むことができました。この胸は恐るべき魅力が詰まっているように思います。つんつんしたくなってしまう!(鳥が嫌がりそうなので我慢しました)

134.jpg 167.jpg 222.jpg 341.jpg
コガネメキシコインコふれあい祭り。
最初は見て楽しむだけ!と思いつつ、エサを持った皆さんの身体に次々と留まる姿を見ていたら我慢出来なくなり一個だけと100円投入でエサゲット⇒大量に留まってくる⇒可愛い、ぬくい、モフモフ、爪痛いけど可愛い⇒もう100円投入という無限ループを繰り返しそうになりました。会社の友人から「奴らは人を止まり木としか思っていない」というお言葉を頂いていたのですが、ぶっちゃけもう止まり木になりたいぐらいこれはクセになります。ずっといたら廃課金確定コースだ!

212.jpg 200.jpg 202.jpg
みんなのアイドル・ハシビロコウさん。
柵がない! 1mぐらいしか離れてない! これはやばい! こんなに間近でハシビロさんを拝める日がくるとは…!
丁度休憩時間外にお邪魔した上に前の方に出てきてくれていたので、ひたすらシャッターを切っていました。何度見てもほっこりする容姿です。愛らしいですね。

332.jpg 331.jpg 329.jpg 319.jpg 326.jpg  153.jpg 157.jpg
怒涛のフクロウ祭り(前記事に続き二度目)
ワシミミ(?)さんが何だか面白い座り方に…片目だけ瞑ったりする動作でウインクしているように見えますね。フクロウの森とは違った色んな表情が見れて楽しかったです。
入り口の所にもガラス越しではありますがたくさんのフクロウがいたので、とても眼福でした。
しかし外にいたミミズクがとても暑そうでずっとハァハァ状態だったのが気にかかってしまい…。素人なので何も分からないんですが、暑い地域のミミズクさんだったんだろうか;

299.jpg 301.jpg
チゴハヤブサさんとワライカワセミさん。ハヤブサさんちっちゃいピュア。
ワライカワセミさん鳴いてるぞ! と思ったらお客さんの鳴き真似で衝撃的でした。

159.jpg 160.jpg
源氏パイ メンフクロウさん。
止まり木の間の隙間にすっぽり挟まって寝ていてなんとも。自然の中でもウロを住処にしているためでしょうか。

120.jpg 284.jpg 235.jpg 257.jpg 351.jpg 287.jpg 280.jpg
雑多に鳥さんズ。オニオオハシさんも手乗りに出来るらしいのですが、友人談によるとクチバシでエサを取ろうと手をフルボッコにされた事があるらしくおそろしや!(しかし動物なので仕方が無い)
ペンギンやペリカン、カモなどは外部で拝めたのですが、随分と蒸し暑い気候のおかげで長時間写真が撮れずウググ。

270.jpg 271.jpg 274.jpg 275.jpg
エミューさん。まさか広場の中まで入れるとは。これだけ大きい鳥が横切るとなかなか恐怖を感じますね。
足がまさに恐竜で、足フェチにはとても美味しかったです。鳥類が恐竜というのも納得する貫禄でした。

264.jpg 262.jpg 260.jpg
せくしークジャクさんペア。日が当たってきたらこんな風に身体を横たえて日光浴ポーズをしていました。腿がえっちすぎる。
この雌雄は番なのか、他にも二羽で毛繕いをしたりなんとも微笑ましいCPでした。

292.jpg 293.jpg
…シテ…コロシテ

そんなこんなで恐ろしい写真数になってしまいつつ(これで三分の一)、また行ってみたいなあと思う素敵な場所でした。
ちょっとお金はかかりますが、日帰り出来るレベルなので、これはエサやり廃課金の予感がしてしまうぞ…!