Bioethics-イラスト①


久しぶりに創作関連の夢を見たので、Bioethicsのワンシーン漫画です。キャラシと順番逆だけど描きたいものから!
こういうあからさまなザコっぽい獣人描くの楽しいですね。

獣人化がある種のホルモンで誘発されるというのは小説本編でもチラッと語っていますが、この漫画でいう薬はそのホルモン剤のことです。
獣人化を抑制するものと、逆に強制的に獣人化させるものの二種類があり、どちらも獣人にしか効果を見せないホルモンなので、獣人か人間か区別がつかない者に検査的に使用されることもあります。
上記の漫画のように、エピペンなどで厄介な相手に注射してしまえば獣人化を抑えることが出来るため、用途に応じて戦闘の場面でも使用されているブツ。
詳細は世界観の方に後ほど追加しようと考えております。



兄がWiiを持ち込んできたので、数年ぶりにFE暁の女神をプレイ(四周目)し始めたのですが、先週になってWiiがディスクを排出してくれない故障っぷりになったのでアへ顔Wピースしています✌(́◓q◔`)✌
ここ最近は湿気が酷いため、そのせいかなという所。除湿剤設置したり換気したりして対策していますが、これでは梅雨時季の破壊力が凄まじそうだ…

Wiiが直ったらまた再開するとは思いますが、FE暁の女神は前作の蒼炎を含めて自分の創作に多大な影響を与えた作品のひとつなので、久しぶりにプレイしたら燃え要素多過ぎてバサーク状態!
獣化とか人間と異種族の戦いが好きな人にはひたすらプッシュ。