ソロモンの伝書鳩-イラスト⑥

くるっぽおえk

フレイアがどんな気持ちになろうとブレないフェネクスさん。
印章の中にいる時は直接頭に言葉が入ってくるという、ファンタジー設定で良くありがちな感覚を当てています。

ソロモンが実際に肉体変化を引き起こすのは、印章から全身に痣が拡がり終わった後になります。
最終的に卵状(胚膜に近い)の物質を形成して、その中で少しずつ魔神に姿を変えるという設定です。卵の大きさや変化する時間は魔神によってまちまち。(時間は十数日~数ヶ月程)
卵になっている時は比較的無防備な形ではありますが、いずれにせよ人間に破壊出来る代物ではありません。むしろ不用意に近付くと卵に取り込まれるか権能を浴びせられるかと言った所。

補足で。ソロモンが魔神と契約を解くというのは前例もなく、無論、方法さえ分かっていません。
唯、必ずしもソロモンは魔神化するという訳ではなく、精神力で侵蝕を抑えたまま一生を終える事は決して不可能ではありません。
但し、そうして生涯を終えるのは一握りであって、殆どのソロモンが耐え切れずに魔神として覚醒しています。

フレイアがフェネクスとの契約を解くのに躍起になっているのは、彼女の権能は不老不死というものであるからに他なりません。
抑え付けたまま一生を終えることが出来ないため、契約を解く以外に進む道が無いとしています。
ちなみに不死としていますが、聖人に致命傷を与えられたり他の魔神に喰われたりすると死んでしまうオチ。何だかんだで弱点は多々。



ソロ伝はBioethicsと違って連載している訳ではないので、イラストUPごとにちまちま設定語っていけたらなーと。この点に関してはGrimm Labyrinthも同様に。
考案当初のネームが出てきたりしましたが、大した内容量でもない読み切りなのに驚きの67pという多さでした。こいつぁ酷いぜ!三( ε:)


◆続きは拍手返信

Toraさん>
初めまして、管理人のLayerと申します。
この度は当サイトの作品を観覧して頂き有難う御座います!
Bioethicsも公開して6年程になりますが、未だにこうして読んで頂けることを心から嬉しく思います。
その反面、長いこと小説の更新を止めてしまっていて申し訳ありません…。唯、ずっと更新停止、というつもりではなく、展開が埋まり次第また続きを書いて行きたい所存です。
公開当初、フェリスは21歳という設定で今よりも若かったりしました(笑)気付いたら自分も彼女の年齢近付いていて、感慨深いものがありますね。
今後も更新頑張って行きます。有難う御座います!