空白の鎧装龍-イラスト②

ハル人間形態参考 ハル龍化参考

三面図作ってみました。立体苦手すぎてあちこちに異次元が発生するオチ。人間時の顔はちょっとだけ手直ししてます。
尻尾の立体や表情なんかは今後気が向いた時に作成していこうかなと。こうして見ると意外と露出低い子なんだなと思います。自分で作っておいて難ですが…しかし気候的にこれ以上脱ぐとエライことだ。


以下落書き。


ふり幅 どら参考
鎧装龍のデザインふり幅案。意外とファンタジーになっちゃっても良いかな?という所ですが、なかなか方向性を決めるのが難しい所です。
基本的に黒ベースなので、ハルのように白色の多い個体は珍しい。

殺すぞk
鯖缶集荷に参りました。相手は死ぬ。
怒ったり警戒心が強くなったりすると瞳孔が縦に裂けます(竜眼)。ヘビのような眼のイメージ。

缶きり
缶切りなど無用。爪と指は一体化している形状です。缶切る方向逆や…全体的に作画崩壊(

さばーっ
閉口ばかりでしたが龍化時もちゃんと口が開きます。
ただし眼と並ぶ弱点のため、基本的にはあまり開けない。

もじもじ
リコの故郷に連れて来られたハル。ロリショタに群がられる。
自分対して殺意を向けてくる相手や、著しい攻撃を加えてこない限りは無害な様子。ちなみにハルは基本的に反撃しかしません。余程のことがない限り自分から襲いかかることはない。

もぞもじ2
上の続き的な。普通の武器は資源不足によって扱えない地区のため、生体兵器のような鎧装龍に頼らざるを得なかったリコ。この時点に至るまで、ハルは成り行きで付いて来たので彼の思惑も何も知らない。

ぐおおおお
更に上の続き的な。序盤の終わりといった所。ハルが事実を知ってしまって人間関係が拗れてくる。
ハルは人外でもある種の矜持を抱えてはいるので、人間以下として利用されるのは流石に憤慨する。

ギュッk
上記よりは随分と先のお話。3p程の内容を1pに圧縮するテスト。
鎧装龍が人間を素体に造られていたり、ハルが元はただの人間の少女だったことを知った後は、リコはもう彼女を人外として見ることが出来なくなってしまう。

現時点では、全体的なプロット構想だと単行本5巻程度で終わりそうな短さなので、テーマを突き抜ければ良いかなと。ちょいちょい漫画として描いてみたいですね。